院長・理事長紹介

院長

喜久生健太院長

喜久生健太院長、医学博士

  • 生年月日:1974年6月5日
  • 出生地:高山市
  • 出身地:岐阜市
  • 趣味:読書、ホッケー、ゴルフ、旅行、スポーツ観戦、TVゲーム、動画視聴

経歴

1974年 高山市生まれ
1981年 関市立金竜小学校 入学
1985年 岐阜市立鶯山小学校へ転校
1987年 岐阜市青山中学校 入学
1990年 岐阜県立岐阜高校 入学
1994年 岐阜大学医学部医学科 入学
2000年 岐阜大学医学部医学科 卒業
卒後は岐阜大学 入局
岐阜大学医学部付属病院(研修医)
2001年 岐阜県立下呂温泉病院(研修医)
2002年 岐阜大学附属病院麻酔科(研修医)
岐阜県総合医療センター
2004年 郡上市民病院 整形外科勤務
2006年 岐阜大学附属病院 整形外科勤務
2007年 岐阜大学医学部大学院入学し研究に従事
2011年 医学博士授与される
高山赤十字病院 整形外科勤務(副部長)
2016年 松波総合病院 整形外科勤務(副部長)
2018年4月 きくいけ整形外科 副院長
2019年5月 きくいけ整形外科 院長

資格

  • 医学博士(岐阜大学)
  • 日本専門医機構認定 整形外科 専門医
  • 日本リウマチ学会 認定リウマチ専門医
  • 日本整形外科学会 認定スポーツドクター
  • 日本スポーツ協会(日本体育協会) 公認スポーツドクター
  • 日本オリンピック委員会強化スタッフ(医科学スタッフ:ホッケー)
     日本代表ホッケーチーム(男女)・チームドクター

所属学会

  • 日本整形外科学会
  • 日本リウマチ学会
  • 日本整形外科スポーツ医学会
  • 日本臨床スポーツ医学会
  • 日本臨床整形外科学会
  • 中部日本整形外科災害外科学会
  • 骨折治療学会 等

役職

  • 日本ホッケー協会 情報医科学委員会 副委員長
  • 岐阜県ホッケー協会 常任理事(医務委員長)

その他

理事長

喜久生明男理事長

喜久生明男理事長、医学博士

  • 生年月日:1946年12月18日
  • 出身地:愛媛県
  • 趣味:スポーツ(野球、ラグビー、ゴルフ、ホッケー)、写真、オーディオ

経歴

昭和39年 愛媛県松山市にて 東京オリンピック聖火ランナー正走者
ランナー1
ランナー2
昭和40年 愛媛県立松山東高等学校 卒業
昭和40年岐阜大学医学部医学科 入学
昭和46年 岐阜大学医学部医学科 卒業
岐阜大学医学部付属病院整形外科 医員(研修医)
文部教官(岐阜大学 助手 医学部付属病院)
昭和48年 総合病院高山赤十字病院 医師
昭和49年 米国ピッツバーグ大学医学部整形外科(Research Fellow)2年間
昭和51年 岐阜県立整肢学園 医師
昭和53年 岐阜市民病院 整形外科医長
昭和56年 岐阜県立岐阜病院 整形外科医長
昭和58年 岐阜県立岐阜病院 整形外科部長
平成元年 岐阜県立岐阜病院 リハビリテーション科部長兼務
平成2年 岐阜大学文部教官(医学部付属病院整形外科講師)
平成8年 きくいけ整形外科 開業

スポーツドクターとして

昭和63年
女子ホッケージュニアワールドカップアジア予選(インド-ニューデリー)を皮切りに、ワールドカップ(シドニー)、ユニバーシアード(英国-シェフィールド)、アジア大会等に帯同。
平成5年
アジアカップ(広島)、男子ホッケーシドニーオリンピック予選大阪大会、東アジア大会(大阪)、国体等のドーピング委員長を務める。
平成16年
アテネオリンピック(ギリシャーアテネ)には、ホッケー女子日本代表チームに帯同。
オリンピック1
オリンピック2
オリンピック3

資格

  • 医学博士
  • 身体障害者福祉法第15条にかかる指定医
  • 厚生省補装具適合判定医
  • 日本整形外科学会専門医
  • 日本医師会健康スポーツ医
  • 日本体育協会公認スポーツドクター
  • 日本リハビリテーション医学会臨床認定医
  • 日本アンチ・ドーピング機構(JADA)
    元JADA認定 シニアDCO(ドーピングコントロール・オフィサー)(2011年以後は辞退)

所属学会

  • 日本整形外科学会
  • 日本臨床整形外科学会
  • 日本臨床スポーツ医学会
  • 日本運動器学会
  • 日本リウマチ学会
  • 日本整形外科スポーツ医学会
  • 中部日本整形外科災害外科学会
  • 日本リハビリテーション医学会

役職

  • 日本オリンピック委員会 強化スタッフ
  • 日本整形外科スポーツ医学会 元評議員
  • 日本臨床整形外科学会 元理事
  • NPO法人 全国ストップ・ザ・ロコモ協議会(SLOC) 元理事
  • 中部日本整形外科災害外科学会 元評議員
  • 東海スポーツ傷害研究会 顧問
  • 日本ホッケー協会 元副会長 現 情報医科学委員会 委員長(医学担当)
  • 岐阜県臨床整形外科医会 名誉会長
  • 岐阜県ホッケー協会 会長
  • 岐阜県体育協会スポーツ医科学協議会 会長
  • 岐阜県ラグビーフットボール協会 副会長
  • 岐阜県スポーツドクター協議会 副会長
  • 岐阜県野球協議会 理事
  • せきスポーツクラブ 会長

その他

いいほね.jpに当院掲載
2011年10月 中日新聞・CHUNICHI webに掲載

著書

(共著)図説スポーツ傷害のメカニズムと予防のポイント ホッケー(文光堂)
(共編・共著)プレーヤーの為のスポーツ医学 -ユース編- (岐阜新聞出版部)
(分担執筆)岐阜県体育協会スポーツ医科学委員会。選手とコーチのためのスポーツ医科学用語集(岐阜文芸社)
その他、学会での発表論文は股関節疾患、小児整形外科、骨軟部腫瘍、外傷、スポーツ傷害等で多数。

表彰

愛媛県立松山東高校 功労賞:生徒会長と黒潮グループ長として。昭和40年3月
日本体育協会 表彰(スポーツドクター):平成13年12月28日
岐阜県知事 感謝状(アテネオリンピック女子ホッケーチームドクター)
読売新聞社 第54回日本スポーツ賞(アテネオリンピック女子ホッケーチーム)
岐阜県体育協会 スポーツ功労賞:平成23年2月22日
関市教育委員会表彰:平成24年10月15日